米国株投資な主夫ブログ

2020年11月に米国株投資を開始。投資初心者の主夫が成功を収めるまでのヒストリカルブログ。

【米国株】週間まとめ(2021.10.11~10.15)

f:id:mementomori2525:20211016092937p:plain

久しぶりの投稿になりますが、3日坊主になった訳ではないもてのりです。今までは1週間の振り返りもTwitterのみで完結していましたが、幅広く情報をアウトプットするために、今週からはブログで1週間の振り返りしていきたいと思います。

1週間のマーケット動向

指数の動き(ダウ・S&P500・ナスダック・ラッセル)

f:id:mementomori2525:20211016093601p:plain

各指数とも10/12(火)までは様子の雰囲気、10/13(水)のCPIやFOMC議事録の発表を受けて、上昇に転じています。ただし、ラッセル(小型株)は、ボラが激しく、金曜日は引けにかけて売られており、来週の動向が気になるところです。

S&P500ヒートマップ(週間)

f:id:mementomori2525:20211016093541p:plain

S&P500では、FCX+13.2%、JBHT+12.2%、GNRC+11.1%と素材やインダストリアルから上昇率上位が出ています。その他、TSLA+7.3%で引き続き好調、好決算だったBLK+7.4%といったところが目につきます。ハイテク企業も比較的好パフォーマンスですが、GAFAMは決算待ちといったところでしょうか。

セクター別パフォーマンス

f:id:mementomori2525:20211016093908p:plain

先週までは4週連続でエネルギーセクターの1強が続いていましたが、今週はCPI(消費者物価指数)の以降、リスクオフの雰囲気となりここ最近パフォーマンスを落としていたテックも上昇しているのは喜ばしい限りです。

VIX指数・VNX指数の動向

注目決算など

SMART Global Holdings


SGHは前回決算から注目している半導体銘柄ですが、9月の調整でふるい落とされてしまった銘柄です。素晴らしい決算(粗利率の改善が素晴らしい)から時間外で急上昇。ザラバで更に上昇していました。

Taiwan Semiconductor Manufacturing Company


TSMの決算は、経済指標発表のタイミングもあったかもしれませんが、半導体セクター全体に好影響を与えた印象があります。

もてのりが過ごした1週間

1週間のまとめ

ようやく調整終わりの兆しが見えた今週。
コアとなる指数ETFにも資金を入れ始め、コア以外の個別銘柄にも打診買いをするなど、少しずつマーケットが前向きになってきたように思いますが、注意は禁物ですね。

毎日のまとめとぼやき

10/11(月)

10/12(火)

10/13(水)

10/14(木)

10/15(金)

レイバー・デー明けのマーケット動向

今週の国別対抗戦

来週の展望

決算での注目は何と言ってもTSLA。NFLXあたりも注目です。このあたりが強い決算を出してくれると、S&P500だけでなく、QQQ(ナスダック100指数ETF)にとってもプラスになります。



あとは金利がどういう風に推移していくかも注視ですね。

それと…忘れてならない、この問題。

日本のイオンとキャン★ドゥの動向もとても興味深いですね。


最後に- お礼 m(__)m -

本ブログをご覧くださった方へ

11/5で投資を始めて1周年となる投資🔰のブログですが、自分なりに考え、調べたことをアウトプットしています。拙いブログですが、どうぞよろしくお願いします。
----------------------------------------
Twitterもお時間がありましたら、覗いてみてください。では~!!
twitter.com